八王子,府中,相模原,鍵交換,出張します【暁ロックセキュリティ】鍵,防犯対策,鍵屋

ホーム > 補助鍵の種類と特徴

補助鍵の種類と特徴

補助鍵はあくまで今付いている鍵を補助するための鍵です。防犯対策に補助鍵を取り付ける方が多いと思いますが、防犯には鍵の開け閉めに使う「ロック」が幾つ付いてるか、ロックの性能はしっかりしているかが重要になってきます。ロックの数が多いに越したことはありませんが、多すぎると日常使うものですから不便を感じるかもしれません。補助鍵を取り付ける際は鍵屋に依頼することをオススメします。

 

■補助鍵の種類と特徴

補助鍵は大きく分けて2つに分けられます。1つ目が「彫りこみタイプ」と呼ばれるもので、錠本体を扉の中に埋め込むタイプになります。チューブラータイプとケースロックタイプがあり、特にケースロックは多くの扉に対応可能です。
室内側の突出部はサムターンのみで、現在使用している鍵穴の垂直線上に補助鍵の鍵穴を合わせることができます。
2つ目が「面付けタイプ」と呼ばれるもので、錠本体を扉の室内側にビスで固定し、外側からシリンダーを挟み込んで固定するタイプです。面付けタイプはピッキング・鍵穴破壊に対し効果的な補助鍵になります。
面付けタイプは種類も豊富で、掘り込みタイプよりも値段を安く抑えられることができる一般的な補助鍵となります。
取り付けには鍵屋に依頼するか、ご自身で購入し取り付けを行なってください。

 

■鍵穴の無い補助鍵

【1】キーレックス
建築金物メーカーの永沢製作所が製産しているキーレックスは、プッシュボタン式の鍵なので鍵穴がありません。鍵穴がないので鍵を紛失したり盗難に合うリスクは回避できます。また鍵穴破壊やピッキングも防げるので、防犯性の高い補助鍵となります。
キーレックスは電池や電源を使用しないので、配線工事や電池交換が必要ないので経済的な鍵となります。

【2】非接触ICカードキー
電気錠機能のオートロックで、キーレス解除がドア加工なしで設置可能です。シリンダー交換スタイルで簡単施工なので、お持ちのカードや携帯が鍵の代わりとなります。
鍵のかけ忘れをしても、暗証番号で開錠できるので安心です。また電池式なので停電時も安心です。

 

防犯対策で補助鍵を取り付けたいとお悩みの方は暁ロックセキュリティをご利用ください。鍵の修理や鍵のトラブル・合鍵の制作など、鍵のあらゆる問題を解決致します。暁ロックセキュリティは出張専門で、主に相模原・埼玉・千葉などを中心に出張しております。他エリアについてもご相談を承りますのでお気軽にお問い合わせください。