八王子,府中,相模原,鍵交換,出張します【暁ロックセキュリティ】鍵,防犯対策,鍵屋

ホーム > 鍵の種類について

鍵の種類について

鍵 防犯対策の基本となるのが鍵です。
鍵と一口にいっても、世の中には様々な種類の鍵があります。
ピッキング被害が増加した事で、より安全性の高い鍵が開発されているのです。

現在では9割以上の方がシリンダー錠を使用しています。
鍵の種類によっては防犯性能が著しく低いものがありますので、注意が必要です。
ピッキング被害に遭わないためにも、鍵の種類について知っておきましょう。
こちらでは、現在の日本で多く普及しているシリンダー錠の種類についてご紹介したいと思います。

 

■ディンプルシリンダー

ディンプルシリンダーは、鍵の表面にくぼみがあるのが特徴です。
鍵穴は複雑な構造となっており、不正解錠は非常に困難です。
さらに、不正複製防止システムが付加された鍵もあります。
シリンダー錠の中では、最も防犯性に優れた鍵といえるでしょう。
両面使えるリバーシブルタイプで、引っかからずなめらかな使い心地です。
その使いやすさは、子供からお年寄りまで幅広い世代に好評です。

 

■ロータリーディスクシリンダー

ロータリーディスク(金属版)タンブラーを用いたシリンダー錠です。
鍵穴には弧を描いたような金属板が並び、これが回転する事で鍵の形を作ります。
ロータリーディスクシリンダーには2つのタイプがあります。
くぼみのような形のあるものと、刻みのあるタイプです。
シリンダーが破壊される被害を受けて、現在では破壊されにくいタイプへと改良されています。
しかし、平成13年上期までに製造されたものは、ドライバー1本で簡単に解錠する事ができるため、古い製品であれば早めの交換が必要になります。

 

■ピンシリンダー

ピンシリンダーは片面にギザギザが付いている鍵で、鍵穴には1列に並ぶピンがいくつか配置されています。
引っかかる事も多く、使いやすさはいまひとつです。
以前では玄関や金庫、勝手口で多用されていましたが、防犯性の低さが問題となり、ディンプルシリンダーへの交換が進められています。
世間では何千万個も出回っており、ピッキングに弱い鍵です。
もしご自宅がこのタイプの鍵であれば、防犯性能が高い鍵に交換した方が良いでしょう。

様々な犯罪が起きている世の中、鍵に関する知識が豊富な方も増えています。
中には、事前に鍵の番号を控えて、合鍵を作って侵入するケースなどもありますので、簡単に鍵を貸したりしないようにしましょう。

 

暁ロックセキュリティは、お客様の目的やご予算に合わせて、防犯対策用の鍵を作成している鍵屋です。
八王子や府中、相模原など様々なエリアを出張しておりますので、周辺地域にお住まいの方にとっては便利にご利用頂けると思います。
その他、鍵の修理や交換のご依頼、紛失などのトラブルにもご対応しておりますので、お値段についてはお問い合わせください。

 

相模原で安心できる鍵交換におすすめの種類をご案内しております

防犯性に優れた鍵といっても、種類は多様化しております。八王子でご信頼いただいている暁ロックセキュリティでは、おすすめのセキュリティ性能に優れた鍵の種類と特徴について分かりやすくご紹介しておりますので、ぜひご参考になさってください。
暁ロックセキュリティでは相模原でも出張にてスピーディーな鍵交換を実現します。どの鍵がおすすめかは現場の状況や周囲の環境、ご希望やご予算に合わせてご提案させていただきます。
暁ロックセキュリティでは365日無休で鍵交換を行っておりますので、防犯対策はもちろん、鍵の紛失や空き巣被害に遭われた方など直ぐに交換を望まれる方もお気軽にお問い合わせください。西東京から相模原まで迅速に対応させていただきます。